新着投稿

ビリヤードをやってみたい!復活物語

2017年7月14日

ビリヤードを再びやってみたい!Comeback!!!

ビリヤード復活

(上のパネルは30年前のものですがBROが開店のお祝いとしていただきました。)

Comeback!!! 

ハスラー2(The color of money)のエンディング 

ポールニューマンがトムクルーズに放った言葉!

ずっとcomebackとおもってましたが I’m back! っていってるのでしょうか

このハスラー2のときに全国各地にプールバーやビリヤード場が

急激にたけのこのごとく開店しました。

そして、ビリヤードの体験者も多く、趣味となった方々も大勢いました。

 

しかしブームは去りプールバーもビリヤード場も少なくなりました。

10年以上も続けられた方もいました。

そして早いものであれから30年

途中で止めた方々もいらっしゃいます。

 

しかし

 

ビリヤードを再びやりたい come backしたい!

このような気持ちになるときって何でしょう?

 

私が何度かビリヤードを止めたことがありました。

そして、また復帰の繰り返し

 

そのような方々が意外にも多い。

ビリヤードは生涯スポーツと言われています。

ずっと永く現役プレイヤーでいられるのがビリヤードですね。

そこで、止めた理由、復帰した理由も尋ねました。

 

 

止めた理由

  • 忙しくビリヤードをする時間が無くなった
  • 転勤先にて自分好みのビリヤード場が近くに無かった(元会社員でした)
  • なんとなく縁遠くなった
  • ビリヤードより家庭に重きを置いた

まだまだ人それぞれで止めた理由があるかも

 

復帰した理由

  • 少しの余暇ができた
  • たまたま行ったビリヤード場でお店の方や常連の方が何気なくお声をかけてくれた
  • また来たくなるという心理が働いた
  • そのお店の常連客の客層が穏やかに感じた
  • ストレスの発散ができると思った
  • ビリヤードをしようと誘われた
  • マイキューを眺めて、あのときの感動を再び。。。(笑) ナイナイ。。

 

復帰するためには些細な?きっかけとお店の雰囲気も大切な要因でしょうね

 

復活とは

もう一度、あの独特な緊張感を味わいたい。

どこまで撞けるのか試してみたい

マスワリ?何連発もしたよ!今でもやってやるよ

あの方に再挑戦!

このような心境の方もいるのでしょうね。

 

まえに書いたブログがこちら

 

ハスラー2の映画の終わり方はComeback!!! と叫んで復活宣言でブレイクしています。

BROではComeback!!! 復活される方が多くいらっしゃいます。
昨日もフラリと来店し、黙々と撞いていらっしゃいましたので一緒に撞きましょうとお声をかけたところ
5時間以上プレイ

明らかにAクラスの方で10数年ぶりのビリヤード 自宅には愛用TADが眠っている

BROがビリヤードの復活の後押しになれたような気がしました。
どこかでずっと撞かれることを

帰り際に       ビリヤードは面白い!!! と言われました。
たぶん英語なら    Comeback!!!
といっているのでしょうね!

お陰様でその方はBROに度々来られてます。

 

 

 

また、最近の出来事

「台空いてますか 出来れば目立たないところがいいのですけど。。。」

たまたま奥の台が空いていましたのでご案内。

なんと15年ぶりのビリヤード。

きっかけはなぜかビリヤードをしたくなったとのこと

その方にとっては止めたのも複雑な事情があったのかも知れませんが

復活の”きっかけ”とは単純なものかも知れません。

 

15年前の店も今や閉店しており、店を探していたところ知り合いに連絡し

シガラミがないところがいいよね。なんかBROにという店が出来てるので行ってみよう

そのようなノリだったのでしょうか。

台の状態やら雰囲気がお気に召されたようで、何度かお見えになられるように。

BRO常連様はすぐにどなたかおわかりになられたようで

「えぇ!なんであの方がココにいる?」

となりますが、常連様も大半が復帰組で大歓迎となります。

 

Billiards Cafe&Bar BROはゼロからのスタート

Billiards Cafe&Bar BRO の生い立ち

2016年2月末にオープンしました。

大阪ではほとんど撞いたことがなく(止めていました)、

開店案内できる知人がほとんどいない状況でのビリヤード店舗のスタート

開店案内もWebのみの告知(笑)

 

そう、BROは全くゼロからのスタートで開店をしました。

固定客もゼロ

知名度や口コミもゼロ

ウエブサイトやSNSでのオープン情報発信をしておりましたが

ビリヤード場ができた?みたい

少しずつ開店が伝わったと思いますがお客様に知り合いはほとんどいません。

シガラミがなくそれが良かったのでしょうか。。。

多くの方が偶然にもビリヤードをしてみたいと復帰されています。

そしてビギナーの方にもご来店頂いております。

復帰された方のお話では

閉店した店舗が多く、ビリヤード難民?となりその後にリタイヤした方が多いのでは

とおっしゃってました。

BROをたまたま見つけ、「もう何年ぶりやねん」と言われ、

再びビリヤードをやってみようという方ですね。

 

お客様の大半の方がここはシガラミが全く無いね

とおっしゃってくれます。

(シガラミどころか何もないデス。。。

お客様がご来店の場合んいは時間の許す限りお話をしたりしますが、

お客様にとって会話がメンドイと感じてはマイナスですね

その見極めが接客の難しさでしょうか

放置?のほうがいいっていう方もなかにはいらっしゃいます。

でも再びビリヤードをしてみようかと感じてもらいたく話しかけております。

 

私が復活した理由もほんの少しの手助け?が当時にあったからでしょうね

今度は私が手助けを出来れば、また多くの方にビリヤードを知ってもらいたいとの願いでBROを出しました。

まだまだ皆さんが楽しめる店舗では無いかも知れません。

初心を忘れず、

来られる方が笑顔で再びどこかでビリヤードを続けてくれる後押しができればいいかなと。

 

このブログ投稿の約半年後にまた凄い方がBROでcomebackしました。

 

追加投稿

2018年3月ビリヤード普及推進委員会より1枚のポスターが届きました。

The color of moneyのオマージュポスター #ビリポス プロジェクト

ビリヤード愛好家として知られる赤坂泰彦さん(DJ、タレント)、金子昇さん(俳優)のお二人

さっそく店頭入口にThe color of moneyのパネルと重なるように貼りました。

ビリヤードを再びやってみたい そのような方が来店しそうな感じですね

The color of moneyオマージュポスター

このポスターは

ビリヤード普及推進委員会では、「ビリヤードをしていない、したことがない」方々に向けて、『現愛好家の方以外の不特定多数』の皆さまに、より『ビリヤード』を身近に感じていただくことを目的に、ポスターを制作いたしました。
これはビリヤード施設およびビリヤード愛好家の方や知人が経営・勤務する飲食店や会社関係、その他多くのお店や施設など、不特定の人の目に止まる場所に貼っていただくためのものです。

ポスターが貼れる店舗様には無償配布とのことです。