新着投稿

ビリヤードの遊び方 初心者も楽しめます。

2018年3月20日

ビリヤードといっても色々なテーブル(ビリヤード台)があるのをご存知でしょうか

実は大きく分けてポケット・スヌーカー・キャロムの3つに分かれます。
その3つの違いは

  • ポケット :6つのポケット(穴)がある台
  • スヌーカー:ポケット台より約1.5倍の大きな台
  • キャロム :ポケット(ボールが落ちる穴)のない台

(他にはイングリッシュ8、チャイニーズ8、ロシアンビリヤードもあります。)

ビリヤードBROではポケット台を4台設置していますので
ポケット・ビリヤードのゲームについてご紹介を致します。

なんといってもポケット・ビリヤードは日本では最も普及しているテーブルです。

 

ポケット・ビリヤードとは

ポケット・ビリヤードとは6ヶ所にポケット(穴)があります。
ポケットはボールが落ち溜まりますのでpool(プール)と呼ばれてます。
公式のビリヤードテーブルは9フィートで
BROは9フィートテーブルです。
店舗により一回り小さい7フィートもあります。

ご来店のお客様、並びにレッスンのお客様から楽しめるゲームは?と聞かれます。
ポケットビリヤードのゲームは人数やボールの数で色々な遊び方があります。

初めて間もない初心者の方が気軽に楽しめるゲームをご紹介します。

ポケットビリヤードのテーブルについて

ボールの配置とブレイクの位置
図の通り的球ボールは●黒マーク(フットスポット)を頂点として並べます。
ブレイク(最初にゲームスタートとなるショット)はテーブルにある2つ目のポイント以内となります。

ブレイクのときの注意

ブレイク時の白いボールの下に布や透明シートを敷きショットをします。
(店舗により布やシートの違いや無い店もあります。)
これはブレイク時にラシャ(張っている布)の破損防止のためですが
BROでは透明のアクリル板を使用しています。

ポケット・ビリヤードの遊び方はてんこ盛り

ポケットビリヤードのボールは

  • 手球 (ショットをする白い球)
  • 的球 (1~8ボールがソリッド 9~15はストライプ)

この的球の使う個数や並べ方により色々なゲームが出来ます。
2名からの対戦、複数名での対戦も行えます。
人数が多くなればペア・マッチも盛り上がりますね。
また、ビリヤードは初心者と経験者とが対等に戦えるようにハンディを付けて行う事もできます。
でも、一人なので相手がいない場合には。。。

BROでは初心者の方から上級者までお一人でご来店されている方も
いらっしゃいますのでお一人で来られても対戦が可能です。

ファールとは?ファールの後はどうする?

ポケット・ビリヤードゲームは多くありますが、
ゲームを進めるにあたりファールがあります。
色々なゲームでもファールは主に共通しています。
ファールを知っているだけで「ドヤ顔」も(^^)

ボールが隠れた。
ではジャンプショット!
ボールの下を撞いてポッコ~ン
ボールが飛んでドヤ顔!
ってやってませんか?
それって実はファールなんですよ

かっこいいつもりが、
ボールの下からすくい上げるのはファールでありマナー違反
ファールと知ってる方からは苦笑かも
※ボール1個分以上の高さを飛ばすのは通常のキューではまず不可能でジャンプショット専用のキューが必要です。

ジャンプショットとは手のブリッジを高く上げて組み、
上斜め方向からボールのほぼ中心付近を撞き下ろすショットであり
とても高度なワザでビギナーの方はまず不可能なショットなんです💦💦💦。

これってファールだったんだと思う項目もあるかも

共通のファールについて共通のファールについて共通のファールは
1.スクラッチ(白いボールがポケットした場合)
※白いボールを手球といいます。
2.当てなければならないボールに当たらなかった場合
3.当てなければならないボールに当たった後にどのボールもクッションに当たらないとき
(ノークッションファールといいます)
4.ボールがテーブル外に飛びだした場合
5.故意のすくい上げショット(ジャンプショットのマネ)
6.2度撞き:これは少しわかりにくいですが手球と的球を接近させて撞くと2度撞きとなる場合があります💧
7.両足を上げる。方足は床に着けないとファール
8.球さわり ボールに体もしくは衣服、チョークやメカニカルブリッジ(熊手みたいな道具😲)やキュー(撞く棒)が触ってしまうこと
(JPAは特殊ルールで的球をさわって動いた場合は元に戻します。ファールではありません)
9.目印を置くこと チョークやキューを目印として使用をした場合
ファール後はほとんどのゲームは手球フリーとなり
どこに置いてもショットが可能です

 

初心者向けのゲーム!その1 エニーボール

初心者にお薦めのゲームをご紹介
エニーボールとは1から順番ではなくどの球から狙うことができるので
ゲームとして初心者の方にはお薦めです。
エニーボールのゲームの種類は4つ

  • ネオ・ナインボール(エニーボール:一人から複数名で遊ぶ)
  • 8ボール      (エニーボール:2名で遊ぶ)
  • カット・ボール  (エニーボール:3名で遊ぶ)
  • オールボール   (エニーボール:複数名で遊ぶ)

ネオ・ナインボールは一人から複数名でも遊べる簡単なゲームです。

一人から複数で遊ぶ ネオ・ナインボールネオ9ボールの並べ方9を真ん中に置き
9つのボールを並べてブレイクをします。
順番ではなく1~8までのどのボールを狙ってポケットも可能です。
ポケットすると継続プレーとなります。
最後に9を落とした方が勝ちです。
9以外のボールに当てて9を落とすことも可能です。
一人で遊ぶ場合には何回のショットで9ボールが落とせるかを毎回試します。

ボーラードゲームは一人で遊べます

一人で遊ぶ ボーラードゲームボーラードゲームの並べ方10個のボールを図のように
並べてブレイクをします。
順番ではなくどのボールを狙ってポケットも可能です。
ブレイクで入れば第1打となりポケットすると継続プレーとなります。
入らない場合はブレイク以降のショットが第1打となります。
失敗したところまでの個数を1つ1点で計算します。
2回失敗すれば1フレームは終わりです。
点数のつけ方はボーリングと同じで10フレームまで行います。
プロテストでは3ゲームで630点以上で合格となります。
最初は30点以上を目指しましょう

8ボールは2名で遊びますが4名の場合には
2人ペアになってのペアマッチもお薦めですね

2名で遊ぶ 8ボール8ボールの並べ方1~7までのL(ローボール)グループと9~15までのH(ハイボール)グループに分かれます
8を真ん中に置き両サイドはLもしくはHを並べてブレイクをします。
自身のグループならどのボールを狙いポケット可能です。
グループすべてポケット後に8ボールを落とすと勝ちとなります。
上級者の方は8ボールを狙うポケットを指定します。
最初に自身のグループボールに当たらなければファールとなります。
8ボールは初心者の方から世界大会公式戦まで採用されています。

 

3名で遊ぶ カット・ボールカット・ボールの並べ方並べる順番はなくブレイクをします。
最初に各々1~5、5~9、10~15の3つのグループを選びます。
自身のグループ以外をポケットします。
ポケットすると継続プレーとなります。
自身のグループがすべてポケットされると負けとなります。
負けの方はそこでゲームから抜けるのか、継続するのかは前もって決めておきます。

 

複数で遊ぶ オールボールオールボールの並べ方最初に30点など各々持ち点を決めます。
1~15までランダムに並べます。(ラックといいます)
どのボールを狙ってポケットも可能です。
ポケットしたボールの番号が得点となります。
例えば3ボールをポケットすれば3点
ポケットすると継続プレーとなります。
最初に決めた持ち点に達成すれば勝ちです。
上級者の方は持ち点を多くしてハンディを付けます。
持ち点達成なるまでラックは組み直します。

 

初心者向けのゲームその2 順番にポケット

エニーボールはお手軽・簡単だけどもう少しチャレンジの場合には
1番から順番に落としていきますが、その中でも簡単なゲームを2つ紹介

  • JPA9ボール  (2名で上級者とのハンディ戦も可能)
  • 隠し球    (複数名で上級者とのハンディ戦も可能)

JPA9ボールはBROで団体チームがあり、他店舗との対抗戦も行っています。
初心者の方が上級者の方と対等に戦えるゲームです。

 

2名もしくはペアで遊ぶ JPA9ボールJPA9ボールの並べ方9を真ん中に置き9つのボールを並べてブレイクをします。
1~8ボールまでは1つ1点 9ボールは2点となります。
女性は14点 男性は19点の持ち点ハンディで先に達成すれば勝ち
このハンディは上達すれば持ち点が上がりますので
上級者とも対等に対戦ができます。
このJPA9ボールは団体戦として地域戦から最終はラスベガス世界大会へと
繋がっておりBROにでも愛好者が多くいます。
ペアでの大会も開催されています。

 

複数で遊ぶ 隠し球オールボールの並べ方隠し球9ボールの例
最初に紙のカードを作り無作為に1枚を引きます。
その紙の番号のボールをポケットすれば勝ち。
反対にポケットされれば負けとなります。
負けの方はそこでゲームから抜けるのか、継続するのかは前もって決めておきます。
人数が多くなると隠し球は15個のカラーボールでも可能です。
BROでは紙のカードではなく画像にある番号コマと容器を用意しております。

 

 

もう1つ上のレベルでやってみよう♫公式戦ゲーム

今までの紹介のゲームから1ステップ上位を目指すゲームは
公式戦で採用のゲームです。
エニーボールではなく難易度も上がりますが
チャレンジしてみてください。

  • US9ボール
  • 10ボール
  • ローテーション

場合によりペアマッチなど行われます。
9ボールや10ボールは各々の勝ちセット数を決めのハンディも行えます。
また、一人の場合には何回のショットで9や10をポケットできるか試します。

ブレイクショットから一度のミスをすることなく
すべてのボールを落とせたら凄いことですね。
Break Run Outと呼ばれていますが
BROの名称はこのBreak Run Outの頭文字からつけています。

 

2名で遊ぶ US9ボールUS9ボールの並べ方1ボールを頂点に9ボールを真ん中に、
セルフラックの場合は一番後ろに2ボールを並べます。
1から順番に狙いポケットすれば継続してプレイします。
順番に当たらなければファールとなります。
順番に当てて他のボールがポケットしてもゲームは継続です。
9ボールを落とせば1セット終了です。
予めセット数を決めての対戦となります。
また途中で9ボールが入った場合も有効です。
公式戦ではプッシュ(シュート)・アウトを採用しています。
プッシュ・アウトとはブレイク後にポケットイン・なしに関わらず
最初のショットで的球が隠れたり場合など公平・不公平を無くすために
プッシュ・アウト宣言により的球に当たらなくてもセーフとなり相手のプレイとなります。
相手は続行プレイかパスを選択ができます。
パスの場合にはプッシュ・アウトした方がプレイとなります。

 

2名で遊ぶ 10ボール10ボールの並べ方1ボールを頂点に10ボールを真ん中に、両サイドに2もしくは3を並べます。
ブレイクした後の1ショット目はプッシュアウトが使えます
1から順番に狙いポケットすれば継続してプレイします。
すべてコールショット(ボールとポケットを指定)となります。
順番に当たらなければファールとなります。
順番に当てて他のボールをポケットの場合もコールショットです。
コール以外をポケットの場合にはポケットしたボールは戻さずに相手がプレイに移りますが
相手はそのままプレイ継続かパスか選べます。
10ボールを落とせば1セット終了です。
予めセット数を決めての対戦となります。

 

2名で遊ぶ ローテーションオーテーションの並べ方図の配置どおりにボールを並べます。
ボールは1から順番にポケットしていきますが、ボールの番号が得点となります。
ポケットすれば継続してプレイします。
順番に当たらなければファールとなります。
ファールの場合には相手がプレイとなりますが
現状のままプレイか、的球をセンタースポットもしくは
フットスポットに移動できます。
また手球は現状の位置のままか2ポイント以内のところに移動できます。
予め得点を定め、先に得点に到達した方が勝ちとなります。
一般的な得点は120点 180点 240点 360点となります。
得点に到達するまでラックは組み直しをします。
試合によりコールショットとなります。
2018年全日本ローテーションでは61点先取り5セット先取で
ファールはフリーボール、プッシュアウト有の
ローテーションと10ボールの複合形式ルールで開催

他にも高度なゲームとして(う~ん上級者😅

  • 14-1ストレート・プール・ラックゲーム
    ブレイクも含めすべてコールショットで1個1点の競技
    予め到達点を決めて先に達成すれば勝ち
    どのボールからポケット可ですが高度なテクニックと技術を要します
  • バンク・プール
    すべてコールショットのバンクショットの対戦
    セット数を決めて対戦となる。
  • ワン・ポケット
    ポケット側コーナー2つのうち、どちらかが自身のポケットとなり
    8個を先にポケットすると1セットとなる。
    セット数を決めて対戦となる。

いかがでしょう。
結構、ゲームは多いですね。
それではお好みのゲームを見つけてビリヤードを楽しみましょう

BROではわからないことがあれば、お気軽にスタッフにお声をかけてください。

 

上級者の方と初心者の方とのゲームの進め方は

こちらも参考にしてはいかがでしょうか

一人遊びと練習については

一人遊びと練習パート2 中級者~上級者の方は

一人遊びと練習パート3 実践練習編は

Posted by BRO