大型モニターやスマホにCO2モニタリングで安心安全の見える化

CO2センサー

CO2センサーを設置している店舗が多くなりました。

設置してわかったことは

広いビリヤード場だけど少人数であってもCO2濃度は短時間で上がるのです。

これにはびっくり。

これからは梅雨や真夏を迎え締め切り冷房。

換気や吸気をしていなかったらかなりCO2濃度は高くなります。

 

ただ、CO2センサーを置いているだけでなく

もっと安心・安全の見える化はできないのか模索しておりました。

 

BROのCO2センサーにはCO2濃度・室温・湿度が測れます。

しかし、実際にはどんな推移で変化をしているのか

  • 時間帯・人数での変化・測定位置での変化
  • CO2センサーが適正濃度を的確に知らせるには
  • CO2濃度・室温・湿度の記録は残したい

見える化のモニタリングシステムを取り入れました。

 

テスト運用中のBRO設置大型モニター画面

CO2センサーと大型モニター・スマホとWi-Fi連動したモニタリングシステムの導入しました。
(※日本製CO2センサーのNDIRデュアル測定方式)

  • 大型モニターとCO2センサーのCO2濃度・室温・湿度連動表示
  • 営業時間内でのCO2濃度・室温・湿度の数値をスマホでモニタリング記録
  • CO2濃度のアラームはメール発信で通知
スマホ画面のモニタリング

 

 

映し出すデータは日別・時間帯をグラフ表示
※データとして記録保管
(グラフは5/29 ビリヤードBRO営業時間の推移)

 

大型モニターにデータを写すことは可能ですが

適切に換気と強制吸気を常うことが重要ですので

見過ごしを見逃さないアラームメールを連動しました。

 


ビリヤードテーブルのクロス、レンタルキュー消毒

レンタルグローブの使用毎殺菌洗浄を行っております。

なお、使い捨てオシボリはゴミ箱にご協力をお願い申し上げます。

BROのお客様のこと

Posted by BRO