新着投稿

WordPress お名前comからXserverに引越

2016年9月9日

データーの移動でWeb上では全く同じです。

今回はビリヤードの話題ではありません

サーバーについてですが、BROでは2つのドメインでウエブを作っています。
1つはこのサイトのhttps://billiardsbro.com
もう1つが

今回はビリヤードbro.jpのサーバー引越しについてです。
といっても、リアルの引越しとは違い、見た目は全く同じでデーターベースのあるサーバーの変更ですので
サーバーが変わったなんてことは誰も気づきません。

BROのWebサーバーを引越ししました。

以前にサーバーのことについて書きました。
元々、お名前COMのサーバーのスペックに課題があったのか、重たく表示が遅かったこと
メルマガを内製で行いたくcgiというプログラムを設置しましたが、
cgiがお名前COMのサーバーでは対応してなかったこと

サーバー自体の課金が少し割高であったこと

サーバーはお名前COMからXserverに決め引っ越しとなりました。

サーバーの引越しは お名前comのhttp://ビリヤードbro.jp のデータをXserverに引っ越しです。
ドメイン(https://ビリヤードbro.jp)は移管しないでお名前comに残してデータのみXserverに移します。

Xserverに契約と同時に新しいドメインをキャンペーンの無償で頂いたので
https://billiardsbro.comを取得しました。

https://ビリヤードbro.jpはWordpressで作成をしています。
WordPressそのものは、DBの中にホスト名やIPを含んだURLが散在しています。
SQLで一括置換すれば大丈夫と思っていました
ところがDB内にシリアライズされた情報データがあって、整合性が合わなくなるって
しかたなくFTPでローカルにバックアップ
6時間もかかってししまい、やっとデータを抜けたものの、移動先のアップロードに
また6時間かけるのも無駄のような気が

wordpressサーバーデータの移動手法について

さて、どうしようかと思っていたところ、バックアップするプラグインからコピーできないかググると
Duplicatorなるものがあったので試すことに。
まずは引越し前にいきなり本番で移すと失敗しては大変なので
ローカルでテストを実施。

wordpressをローカルであるパソコンで動く環境づくりとしてxamppを入れようとすると
以前より設置がややこしくなっており、ローカル環境構築に時間がかかりました。

続いてローカルにwordpressをインストールしてプラグインにDuplicatorを入れたけどエラー

なんどやってもエラーなのでDuplicator自体を諦め別のプラグインを探したほうが早いと感じて
ググるとAll-in-One WP Migrationでできそうなことが

FTPで6時間かかったデーターの抜き出しが、なんと10分ぐらいでExportできちゃいました。
あとはローカルにimportすれば完了
カメからロケットの速さ

ということで無事にローカルに移転完了し、テスト環境では稼働しているので本番環境である引越し作業開始。

新サーバーXserverにドメインを登録して、1時間ぐらいでドメインが反映されましたので
ローカルテスト環境で行った同じ方法でデータ-のimport

所要時間は2時間もかかず引越し完了

表示速度も速いサーバー
快適なのでトップページにビデオの映像を設置したら重たくなってしまった
(軽くなるように見直しました)

よろしければPC環境から観てください。スマホでは映像は流れません

2017年6月現在 youtubeビデオを流してます

hptop
youtubeオリジナルビデオ

 

 

 

 

 

移管したデータは元のまま観れてます

Xserverについての詳細は