いつかはTAD

2022年1月13日

TADがほしい!

今回はそんなお話です。

なんかカスタムキューが欲しけど と相談がありました。

昨年7月ごろからでしょうか

TADが欲しいといいながら高額のため購入に踏み切れず

いつかはTADなんですよね

欲しいモヤモヤがあったのでしょうか

12月に改めて購入の意向が固まったようで

 

Left Caption

〇〇さん

カスタムキューTADがいいけど
BRO

BRO

TADは品薄で新品はおろか中古もなかなかないよ
Left Caption

〇〇さん

ストレートにしようかな。。。でも剣ありもいいよね
BRO

BRO

ストレート、本ハギからハイエンドモデルも探しますよ。
めったに新品などないTAD
Left Caption

〇〇さん

ハイエンドモデル! 欲しい!!!
BRO

BRO

もうハイエンドモデルを使っても違和感ないレベルに達しましたね!
ならば本気で探しましょ!

こんな会話でした。

ビリヤードBROが約6年前にオープンをしました。

そのときのビギナーのお客様が固定客となりTADが欲しいとのこと。

嬉しいですよね、全くのビギナーさんから

いつの間にかカスタムキューの存在を知り欲しいと相談

ご本人のスキルも相当高くなりマスワリも頻繁に出ております。

高額なカスタムキューを使っても違和感などありません。

しかもTAD

 

ビリヤードプレイヤーなら一度は見たこと、聞いたことのある

カスタムキュー TAD

製作者である日系アメリカ人のTad Koharaさん。

度々日本にも来られタッドカップ(開催国はアメリカ・日本・台湾・中国)も有名

2013年10月に他界されましたが息子さんのフレッド氏が継承しています。

いつかはTAD と思う方も多いのではないでしょうか。

TADの特徴といえば間違った解釈をしている方も多いと思いますが

ズレの見越しでもってTADならではのヒネリ!

でも、適度な見越しをじゃじゃ馬という方もいました。

例えが古いですが。。。

バイクでいうならカワサキss MACHⅢ(アクセルワークでフロントが浮くじゃじゃ馬)

車でいうなら三菱GTO(曲がらない止まらない速さのじゃじゃ馬)

ギューーーンというTADならではのヒネリ

TADで無いと出来ないコース取りがあるとまで言われ

そしてTADを知り尽くして使いこなしてる方を「TAD使い」とまで言われました。

そういうイメージがあるのなら間違いではないでしょうか。

実は多少の見越しもありながら適度にコントロールしやすい

最近ではソリッド感のある素晴らしいキューなんですよ!

クラシックなデザインでありながら、現在もなおかつ他のキューを寄せ付けない

気品と風格が醸し出すキュー TAD

現在は品薄で新品などお目にすることも、まずありません。

でも、当店のオープン以来のお客様が欲しいとなら、

本気モードで探します!
(実はアテはありますが)

ということで本日届きました!

撞いた感触はとてもすなお

見越しはあまり感じられません。

打音もコーンと高く鳴り響きグリップにも打感がとてもいい感じ

いや、私が欲しくなりました マジで^^;

今回のTADのご紹介

めったに見ない8ポイント(剣)ですよ

しかもホワイト

おたまじゃくしのホワイトも珍しい

長いデルリン

グリップはホワイトリネン

すべてが白・白・白で飾られたTAD

なんだかめっちゃ豪華に仕上がってます。

これが新品でお客様にお渡しできました。

お客様も満足度アップ!

手に入れた喜びは半端なかったです。

ビリヤードの沼にハマった青年

ありがとうございました

新しいTAD使い! 頑張って!!!